口臭予防

スポンサードリンク

子供と口臭と自臭症

以前自臭症の記事を書きましたが、「自分は口臭がひどい」と思い込むことが殆どの人で、それがひどすぎると社会生活まで影響がでるということが分かりました。ということは、自分が口臭があるのかないのかを客観的に知るということが大切になってきます。ということは、これも以前に書いた口臭チェッカーの役割ってそういう意味もあるのか〜。って感じました。もちろん起床時や空腹時はどの人も口臭がありますので、それは別として、普通のときに「あなたは口臭がありませんよ」と口臭チェッカーに教えてもらうことが大切なんですね。私は口臭チェッカーは人前に出るときとか、人に会うときに口臭がないかチェックするというそれだけのものだと思っていたんですが、自臭症の予防(って言い方が適切なのか?)にも一役買っているんだなあって感じました。自臭症は大人だけではありません。子供にも自臭症を気にしなければいけません。変なプレッシャーを子供に与えないようにしなければいけませんね。


唾液がたくさん分泌するためには

唾液が口臭対策になります。唾液がしっかりと分泌されると、口の中のバクテリアの働きが抑えられ、口臭が抑えられます。唾液がしっかりと分泌されるために大切なことは食事のときによく噛んで食べることです。かたいものをゆっくりとよく噛んで食べることが唾液分泌のために大切です。噛めば噛むほど唾液が分泌されます。するめなんかいいんじゃないでしょうか。おいしいし。あと、ガムを噛むのも効果的だと言われています。ガムを噛むことであごも鍛えられるのでいいですね。ガムを噛むことで自然と唾液が分泌されるんですね。口臭予防のガムを噛むとなおいいでしょう。あとは酸味のあるものを食べるのもいいです。すっぱいものですね。梅干を見ると唾液が出てくるっていう話、聞いたことないですか?すっぱいものは唾液の分泌には効果的なんですね。やっぱり食事のときにしっかりと噛むことが大切です。しっかり噛むことで、口臭対策のみならず、消化にもいいですので気をつけましょう。

口臭予防に大切な唾液

口臭対策にサプリメントだったりマウスウォッシュだったり、ブレスケアだったりいろいろなグッズが販売されています。ネット上でも通販サイトでいろいろな口臭対策グッズが売られています。口臭対策にとってものすごい効果があるのはなんでしょう?答えは唾液です。そう、つばですね。口の中にはものすごいかずのバクテリアが生息し、そのバクテリアが口臭の原因になります。口臭の原因であるバクテリアの働きを抑えてくれるのが唾液なんですね。だから唾液がしっかりと分泌されると口臭が抑えられる一因となります。しっかりと唾液が分泌されると口臭が抑えられるだけでなく、虫歯の予防にもなるんですが、この唾液は年齢を重ねると分泌される量が減少していきます。また、それだけでなく、ストレスからでも唾液が減っていってしまいます。口呼吸でも唾液の量が減っていきます。いろいろと唾液が減少する理由があるんですね。とにかく、口が乾燥するとバクテリアが働き、口臭の原因になってしまうんですね。

歯周病にならないための歯磨き

歯周病にはなりたくないですよね。もちろん口臭も嫌ですけど、歯が抜けるなんて一大事。口臭とか言ってる場合じゃなくなってきちゃいましたね。歯周病の予防へと舵を切っていきましょう。歯周病にはもちろん原因があるでしょうね。もちろん歯磨きが歯周病予防には効果的でしょうね。これは素人考えでも容易に分かります。プラークコントロールって言葉をコマーシャルなどで、聞いた事がありますが、このプラークコントロールが歯周病予防には大切だそうです。プラークコントロールと聞かれれば「歯磨きをしっかりするってことだろうな」と思いがちですが、実際には歯磨きだけに限らず、歯間ブラシ、デンタルフロスを使って、時には薬も使って丁寧に歯垢を除去することがプラークコントロールなんですって。プラークコントロール+歯医者での治療が基本ということらしいです。でも、毎日こんなに丁寧に歯磨きしないといけないのかなあ?なんて考えちゃいます。正しい歯磨き、ブラッシングももちろん大切ですが、これはまた今度。

舌苔についてのいろいろ

今日は舌苔について調べたことを書いていこうと思います。なんか、舌苔は取りすぎないほうがいいみたいです。正直舌苔を取りすぎないほうがいいって見たときは「どないやねん!」って思いました。舌苔は舌の健康を維持する上で必要なんですって。そしてその舌苔がつきすぎると口臭につながるということ。舌苔を取りすぎると舌の健康の維持という面にも影響がでてくるので、口臭にもつながるということらしいです。あと、もう一つの理由が舌苔を取りすぎるとより白い舌苔が短時間で付着するケースがあるということなんですって。リバウンドが起きるっていうことなんでしょうか。だから舌苔の取りすぎは良くないんですね。特に歯磨き剤は舌苔にとって最悪だそうです。歯磨き剤に含まれる海面活性剤・保存料・色素などがアレルゲンになっている疑いがあるとのこと。うわー今まで普通に歯磨き剤で舌も磨いてたよ〜。舌苔は口の中で取るのがいいとのことです。舌を口の中の天井に押し当てて舌の表面を天井に押し付けたり、ごしごししたりするのがいいそうです。変な味がしなくなるまで数回やるのがいいそうです。知らなかったな〜。

口臭の原因について考える

口臭にはいろんな原因があり、その原因にあった対策が必要となります。単純にブレスケアとか口にシュッシュッってやるスプレーとかでいける場合もあるでしょうし、それこそ治療の必要なものもあるそうですね。口臭の原因の一つに生理的口臭というのがあるそうです。この生理的口臭というのは生きている限り避けては通れない口臭で、例えば朝起きたときに口が臭かったり、おなかが空いているときに口が臭かったりするものだそうです。起床の時に息が臭いのは鼻でしっかり呼吸できていればある程度は軽減できるそうです。鼻でしっかり呼吸するために、鼻すっきりパック(だったかな?)みたいな鼻腔を広げて鼻から空気を吸いやすいようにするのも口臭対策の一つでしょうね。あと口臭ってなんで自分ではあまり分からないんでしょうね。口臭チェッカーみたいなのとか、ネット広告でよくあるうがいして出すとものすごい水が濁っているようなのがあるじゃないですか?あんなのも欲しいですよね。

口臭でお悩みの方へ

口臭でお悩みの方はけっこういるんでしょうね。かく言う私も口臭で悩んでいる一人です。とはいっても口臭の対策に何かをしているわけではないんですが。口臭の対策って何があるのかを探したこともあまりありません。口臭の対策には口臭の原因をつきとめることが必要ですね。公衆の原因はちょっと調べただけでもいろいろあるようですね。虫歯とかももちろん原因になりますし、虫歯が原因であるならば歯医者に行ってしっかり虫歯を治すことが口臭の原因になりますし、再び虫歯にならないように歯磨きをしっかりとするということも口臭の対策になるでしょうね。餃子などのニンニク料理を食べた次の日にも口臭を気にしないといけないですね。口臭を気にする習慣がないと次の日に人と会う大事な日でも餃子とか食べてしまいますよね。気をつけねば…。私はタバコは吸わないので、いわゆるタバコ臭というような口臭はないんですが、タバコは歯にヤニもついて汚いので、気をつけたいですね。
スポンサードリンク
Copyright (C) 口臭予防、治療に有効な電解中性殺菌水等. All Rights Reserved.
ファミコン誕生
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。