歯ブラシ

スポンサードリンク

ノンペーストブラッシングで十分なのか?

歯磨きの仕方で、「ノンペースト・ブラッシング」を薦めている歯医者さんが何人かいますね。ペーストというのは歯磨き粉のことで、ノンペーストというのは文字通り、歯磨き粉を使わずに歯磨きをすることです。小さいときから歯磨き粉を使っている私はやっぱりノンペーストブラッシングは抵抗があるんです。このノンペーストブラッシングがなぜ薦められるのかというと、歯磨き粉を使うと唾液がたくさん出てきて、時間をしっかりかけて歯磨きをすることが出来なくなるからという理由からです。歯磨き粉を使わずに、1本1本丁寧に磨くことが大切なんだそうです。中には「ノンペースト・ノンウォーター」の歯磨きを勧める歯医者さんもいるんですが、それでも丁寧に歯磨きをすれば虫歯を防ぐことができるんですね。歯磨き粉を使って、口の中がスッキリすると、歯磨きをした気になってしまうということは正直あるなあ…、って思いました。でも、歯についた色素はノンペーストブラッシングだけでは取れないそうですので、歯磨き粉を使って仕上げをする二度磨きを薦めているそうです。


歯間ブラシやデンタルフロスがたまらない

歯磨きをするのに、補助的に使われる歯間ブラシやデンタルフロス。私はいつもの歯磨きで歯間ブラシを使っています。歯間ブラシは歯と歯の隙間に入れて、食べかすなどを出すブラシのことで、自分の隙間にピッタリとあった歯間ブラシを選ぶことが大切ですね。歯医者で相談するとちょうどいいサイズの歯間ブラシを教えてくれるので、自分の歯にぴったり合った歯間ブラシの大きさが分からない人は相談するといいでしょう。あと、デンタルフロスは個人的にはすごく好きです。あの食べかすが取れていく感触がたまらないですね。でも、自分の場合は力を入れすぎて、歯茎まで傷つけてしまうことがあるので、気をつけないといけないなーって思ってます。デンタルフロスは歯と歯の間に入れる糸のようなもので、歯の間に入れ、のこぎりを引くように動かして歯の間にあるよごれを取っていくものです。歯磨きにこういったものを組みあせていくと、より効果的な歯磨きをすることができるでしょう。

miroliteでしっかり見て磨いて、歯垢除去

このブログでは電解中性殺菌水についていろいろと書いてきましたが、歯磨きが大切、プラークコントロールが大切、そして、そういったことから歯周病対策ができ、そして、口臭対策につながっていくということはいうまでもありません。ですから、やっぱり大切なのは歯磨きなんですが、今日はその歯ブラシを一つ紹介してみましょう。今回紹介する歯ブラシはmirolite(ミロライト)という音波振動歯ブラシです。このmiroliteは歯ブラシの先端にLEDライトが取り付けられていて、口の中が非常に明るく見やすい工夫がなされているのです。ミラーもついていて、磨き残しを防ぐことができるのです。実は口の中の58%が隠れゾーンで見にくくなっているんだそうです。このmirolite(ミロライト)があれば、しっかりと磨けていないところを見つけ、しっかりと歯垢を落とすことができますね。これにうがいをすると歯垢が赤くなる歯垢チェッカーを組み合わせるということなしですね。
スポンサードリンク
Copyright (C) 口臭予防、治療に有効な電解中性殺菌水等. All Rights Reserved.
ファミコン誕生
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。