口臭の定義とは

スポンサードリンク
あるサイトで口臭の定義が載っていました。けっこうパンチのある定義だったので、ここで紹介しておきます。口臭とはこれだぁ!「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」。社会的容認限度を超える悪臭ですよ。社会的容認を超えるってどういう状態なんだ?「社会として認められない!」ってこと。それほどの悪臭ってこと。だから、「君、口臭あるね」っていうのは言い換えると「君の息は社会的容認限度を超える悪臭だね」っていうことになります。こんなこと言われたら会社辞めますよね。軽いイジメですよね。日本語って時に残酷なんですね。この口臭の原因となる物質はほとんどが硫化水素とメチルメルカプタンです。えっ?メチルメルカプタン?もちろん知りません。そんなこと知ってたって口臭対策には結びつきません、たぶん。やっぱり歯周病と舌苔が口臭の原因として多いみたいですね(口の中が原因のとき)。あと何かの調査で「口臭と関連するのは舌苔と歯周病の存在であり、その強さは舌苔の方が歯周病より大きい。」というのあるそうです。


スポンサードリンク
コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
Copyright (C) 口臭予防、治療に有効な電解中性殺菌水等. All Rights Reserved.
ファミコン誕生
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。